AUDIO/Apollo Twin MKII Duo【在庫あり】【定番】 UNIVERSAL-オーディオインターフェイス - casapoletto.com.br

おしえて!あなたの身近な“お気に入り”“心地いい”“ちょっと自慢”・・・みんなで楽しい!山形ブログ大集合「んだ!ブログ

AUDIO/Apollo Twin MKII Duo【在庫あり】【定番】 UNIVERSAL-オーディオインターフェイス







こちらの製品は「APOLLO TWIN MKII/DUO」です。
※SHARCプロセッサーを2基搭載しています。


【製品概要】

Universal Audio APOLLO TWIN MKIIはデスクトップでの音楽制作に特化した高品位オーディオインターフェイスで、クラシックアナログサウンドをリアルタイムUADプロセッシングにより実現しています。最大で24ビット/192 kHzの品位を持ち、伝統的なアナログのスタジオサウンド、フィーリング、そして制作過程をデスクトップ上に再現します。

さらに新たに開発されたクラシカルなマイクプリアンプのエミュレーション技術、「Unisonテクノロジー」により、様々なチューブやソリッドステートのマイクプリアンプのトーンを再現します。単にプラグインと連動するというレベルではなく、それらマイクプリアンプが持つインピーダンス、ゲイン段での“スイートスポット”、さらには内部回路に於ける各パーツの挙動までをハードウェアとソフトウェアが連動して再現。APOLLO TWINのマイクプリアンプとオンボードで動作するUADプラグインとの連携によって素晴らしい録音結果を得られます。

APOLLO TWIN MKIIには2つのマイク/ラインプリアンプ、2つのラインアウト、いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する2つのデジタルコントロールアナログモニターアウト、さらに最大8チャンネルのデジタルインプット(オプティカル接続)といった豊富な入出力を搭載。内蔵されたDSPによって、普段お使いのPro Tools、Cubase、Logic、Ableton Liveなどのアプリケーションで、UADプラグインをトラッキング(レコーディング)時にリアルタイムでかけたり、ミキシング/マスタリング時に使用したりができます。またトークバックマイクも装備しています。

堅牢なアルミニウム筐体、フロントパネルに配置されたヘッドフォン出力とインストゥルメント入力、ブレークアウトケーブルを使わない各端子といった人間工学に基づいたこのデスクトップデザインにより最先端の音楽制作ツールになっています。

【主な機能】

*印はMKIIモデルで追加された項目です。

■デスクトップスタイル、アナログ2イン/6アウトのMacintosh/Windowsに対応したThunderboltオーディオインターフェイス
■ブラックパネルのAPOLLOラックモデルと同等性能のA/D D/Aコンバーター搭載による24ビット/192 kHz変換*
■DSPの搭載数によって、SOLOコア、DUOコア、QUADコアの3モデルをラインアップ*
■トラッキング(レコーディング)時のほぼゼロレーテンシー(2ms以下)によるリアルタイムUADプロセッシング
■クラシックチューブやトランスフォーマーベースのマイクプリアンプの完全なモデリングを可能にするUnisonテクノロジー搭載
■エンジニアとプレイヤーとの間のコミュニケーションに便利なトークバックマイクを内蔵*
■モニターリモート機能、モノ、ミュート、DIM、オルタネートモニターコントロールなどのモニター機能全般をより使いやすくアップデート*
■2つの高性能マイク/ラインプリアンプ(Unison機能搭載)、2つのラインアウト、フロントネルに搭載されたHi-Zインストルメントインプットとヘッドフォンアウト
■いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する2つのデジタルコントロールアナログモニターアウト
■最大8チャンネルのデジタルインプット(オプティカル接続)
■はじめからすぐに使える“Realtime Analog Classics”UADプラグインバンドルが付属
■UADプラグインは多くの主要DAWで、Audio Units、VST、RTAS、AAX 64といった各プラグインフォーマットで動作
■慎重に設計されたアナログ回路、選びぬかれた部品、そして高いレベルの品質

■Realtime Analog Classicsバンドル内容
・UA 610-B Tube Preamp & EQ
・UA 1176LN Limiting Amplifier (Legacyバージョン)
・UA 1176SE Limiting Amplifier (Legacyバージョン)
・Pultec EQP-1A EQ (Legacyバージョン)
・Pultec Pro EQ (Legacyバージョン)
・Teletronix LA-2A Leveling Amplifier (Legacyバージョン)
・Raw Distortion
・Softube Amp Room Half-Stack(Softube Amp Room Essentials)
・Softube Bass Amp Room 8x10(Softube Amp Room Essentials)
・Precision Channel Strip (Precision Mix Rack Collection)
・Precision Reflection Engine (Precision Mix Rack Collection)
・Precision Delay Mod (Precision Mix Rack Collection)
・Precision Delay Mod L (Precision Mix Rack Collection)
・RealVerb Pro Custom Room Modeler

【製品仕様】

特に表記のない場合、48 kHzインターナルサンプルレイト、24ビット、20 kHzバンド幅、入出力はバランス接続です

【A/D D/A変換】
・対応サンプルレイト(kHz):44.1、48、88.2、96、176.4、192
・ビットレイト:24
・A/D変換チャンネル:2
・D/A変換チャンネル:6
・アナログ信号往復レーテンシー:1.1 mSec @96 kHzサンプリングレイト
・アナログ信号往復レーテンシー(Consoleアプリケーションで4つのUADプラグインを直列挿入):1.1 mSec @96 kHzサンプルレイト

【アナログ入力】
■ラインイン 1 & 2(コンボジャック、1/4”メスTRSバランス)
・ダイナミックレンジ:117.5 dB(A-Weighting)
・S/N比:117.5 dB(A-Weighting)
・THD + N:-109 dBFS
・入力インピーダンス:10 kΩ
・ゲインレンジ:+10 dB ~ +65 dB
・基準入力レベル:+4 dBu
・最大入力レベル:+20.2 dBu

■マイクイン 1 & 2(コンボジャック、XLRメスバランス、2ピンホット)
・ファンタム電源:+48 V(マイク入力ごとにオン/オフ可能)
・ダイナミックレンジ:118 dB(A-Weighting)
・S/N比:118 dB(A-Weighting)
・THD + N:-111 dBFS
・等価入力ノイズ:-127 dBu
・同相信号除去比(CMRR):70 dB以上(10’ケーブル使用時)
・入力インピーダンス初期値:5.4 kΩ(Unisonプラグインにより可変)
・ゲインレンジ:+10 dB ~ +65 dB
・Padアッテネーション(マイク入力ごとにオン/オフ可能):20 dB(Unison仕様により可変)
・最大入力レベル(最小ゲイン時、Padオン):+25 dBu

■Hi-Zイン(1/4”メスTSアンバランス)
・ダイナミックレンジ:117 dB(A-Weighting)
・S/N比:117 dB(A-Weighting)
・THD + N:-101 dBFS
・入力インピーダンス:1 MΩ(Unison仕様により可変)
・ゲインレンジ:+10 dB ~ +65 dB
・最大入力レベル:+12.2 dBu

【アナログ出力】
■ラインアウト 3 & 4(1/4”メスTRSバランス)
・ダイナミックレンジ:121 dB(A-Weighting)
・S/N比:121 dB(A-Weighting)
・THD + N:-110 dBFS
・ステレオレベルバランス:±0.05 dB
・出力インピーダンス:600 Ω
・最大出力レベル:+20.2 dBu

■モニターアウト 1 & 2(1/4”メスTRSバランス)
・ダイナミックレンジ:115 dB(A-Weighting)
・S/N比:115 dB(A-Weighting)
・THD + N:-105 dBFS
・ステレオレベルバランス:±0.05 dB
・出力インピーダンス:600 Ω
・最大出力レベル:+20.2 dBu
・動作基準レベル:+14 dBu/+20 dBu(選択式)

■ステレオヘッドフォーンアウト(1/4”メスTRSステレオ)
・ダイナミックレンジ:113 dB(A-Weighting)
・S/N比:113 dB(A-Weighting)
・THD + N:-105 dBFS
・最大出力:80 mW(600 Ω負荷時)

【デジタルイン】
■S/PDIF(オプティカルTOSLINK、ADATと共有)
・フォーマット:IEC958
・対応サンプルレイト(kHz):44.1、48、88.2、96
・チャンネル数:2(ステレオL/R)

■ADAT(オプティカルTOSLINK、S/PDIFと共有)
・フォーマット:ADATライトパイプ(S/MUXサポート)
・対応サンプルレイト(kHz):44.1、48、88.2、96、176.4、192
・チャンネル数 @44.1 kHz、48 kHz:1 ~ 8
・チャンネル数 @88.2 kHz、96 kHz:1 ~ 4(S/MUX)
・チャンネル数 @176.4 kHz、192 kHz:1 ~ 2(S/MUX)

【一般】
■クロックソース:インターナル、 S/PDIF、ADAT
(外部クロック同期は接続されているソースによって選択します)
■電源:専用パワーサプライ付属(入力:100 ~ 240V AC、50/60 Hz・出力:12V DC)
■最大消費電力:12 W
■外形寸法:158.4 × 65.3 × 147 mm(W×H×D)*突起部含まず
■本体重量:1.05 kg

【APOLLO TWIN MKII(v9.0.2)の最低動作環境】

※動作環境などの最新情報につきましては、メーカー及び代理店の公式HPをご確認ください。
・Mac OS X 10.10“Yosemite”、10.11“El Capitan”またはmacOS Sierra(Macintoshコンピューターの場合)
・64ビット版のWindows 10 Anniversary Update(Windowsコンピューターの場合)
・Thunderbolt端子(Macintoshコンピューターの場合)、またはThunderbolt 3端子(Windowsコンピューターの場合)
・6GB以上の空きハードディスク容量
・インターネット接続環境(ソフトウェアインストール、製品登録、追加プラグイン購入のため)
・VST、Audio Units、RTAS、またはAAX 64プラグインが動作するホストアプリケーション

※ThunderboltケーブルとThunderboltアダプターは別売りです。
※付属の“Realtime Analog Classics” UADプラグインバンドル以外は、Universal Audio社のオンラインストアでお買い求めいただけます。

最新記事

カテゴリー全て 」を表示してます。京セラ ミーリング用ホルダ MEY20-S20 ( MEY20S20 )

新着記事をもっと見る! »

▲ページの先頭へ戻る